fv_sp

  1. 酸素カプセル

OXYGEN「酸素カプセル」とは?

このカプセルの中で1時間寝ているだけで、疲れや老化をリセットしてくれる!
アスリートが体力を早く回復させるために使い出したことから流行ってきました。
カプセル内の気圧を高めて、高濃度の酸素を身体中から吸収できるので、
体内に吸収される酸素量が増え、身体の隅々に行き渡ると持久力、スタミナ、集中力が高まります。
また、試合後、激しい練習の後など、疲労回復(乳酸の分解)に効果があります。
また、捻挫・骨折ケガ等、とくに急性のケガをした場合、患部の細胞が圧迫などで酸素不足になりますが、
酸素が十分に行き渡ることにより細胞が活性化され回復が早まるとされています。
特に、運動不足の方や、代謝が低い女性にもお勧めです。
体内の酸素量が増えると全身に酸素が行き渡り代謝が上がります。
運動したときのように血液循環が良くなると、冷えやむくみの改善、ダイエット効果
ストレスやお疲れの解消につながります!

酸素カプセル Q&A

鼻から吸うタイプの、いわゆる「酸素バー」や、最近コンビニでも販売され始めた携帯型の、
いわゆる「酸素缶」と、高気圧(高濃度)カプセルとは何が違うのですか?
高気圧酸素カプセルは、大気中の1.3倍の気圧に設定したカプセルに入ることにより、血液に溶けた「溶解型酸素」 を増やします。通常の、赤血球のヘモグロビンと結合して体中に運ばれる結合型酸素と違い、この溶解型酸素は、分子のまま血液に溶けるので、直径が大きい結合型酸素がなかなか行き渡りにくい毛細血管の隅々にまで酸素が 行き渡るのです。 酸素バーにある鼻から酸素を吸うタイプは、気圧は高めずに、30%前後の高濃度酸素(通常の大気中の酸素は約 21%)を吸うシステムで、酸素分子は多く体に吸い込まれますが、気圧が大気中と変わらないため、それらの多くは 溶解型酸素ではなく、あくまでヘモグロビンと結合することで血液中を移動する結合型酸素です。ただし、ヘモグロビンの量は限りがあるので、ヘモグロビンと結合できる酸素の量は限られます。当店の高気圧酸素カプセルは、ヘモグロビンと結合しなくても、血液に分子のまま直接溶けるので、効果的に血液中に運ばれるという仕組みで、そこが一 番大きな違いです。

気圧を高めると酸素が効率的に体内の隅々に取り込まれる仕組み

酸素カプセル内で気圧を高めるということは、山に登った時や、
飛行機に乗ったときと同じような状態になるのでしょうか?
いえ、その逆になります。高い所に行くと、空気が薄くなり気圧が下がります。むしろ、酸素カプセル内の高気圧という状態は、地面より下、例えば水深 1~3Mくらいのところの気圧と同じとなります。高山病は、気圧が下がることによる酸素不足で頭痛がするのですが、もともと、その応急処置として、気圧を高めて治す高圧療法は以前からあり、その原理を応用して商品化されたものが酸素カプセルです。飛行機に乗ったときも、高い所に行くため気圧は下がります。
ただ、かなり高度があるところを飛ぶため、機内は気圧を調整し、通常の大気中より若干低めに設定していると聞きます。飛行機で離着陸の際、耳が詰まるのは、気圧の変化があるからで、この酸素カプセルと同様です。
酸素カプセルを1回利用しただけで、すぐ効果を感じますか?
酸素カプセルの効果の感じ方は個人差があります。 1回のご利用直後に「身体が軽くなった」「二日酔いだったのに 頭がスッキリした」「視界がよくなった」「手足がポカポカしてきた」・・・と効果を感じられる方もいらっしゃいますが、ビ タミン剤などのサプリメントのように、「とくにすぐ目立って何か効果を感じることはない」とおっしゃる方もいらっしゃい ます。継続してご利用になると、その効果を感じて頂けると思います。
ただ、感じ方は個人差がございますが、酸素を 効率的に体内の隅々まで取り込むという、酸素カプセルが身体に及ぼす作用は同じです。
機械の安全性は大丈夫ですか?
医療用の高気圧酸素治療装置と異なり、大気中の空気を使用しているため、引火や爆発の心配はなく、安全にご使用いただけます。酸素カプセル内の気圧は水深では 1~3メートル、自然環境ではイスラエルの死海や、 深いトンネル工事現場などに近い気圧環境ですので安全です。
また、ご利用者自身によって、カプセルの中からも気圧調整と開口部の開け閉めが自由にでき、万一、停電などでポンプが停止しても呼吸が可能なよう、安全に設計されています。
活性酸素が増え、身体に害を及ぼす心配はありませんか?
極端に濃度の高い酸素を吸えば活性酸素が増えることもありますが、通常の酸素カプセルによる高気圧程度の加圧では、活性酸素は増えません。
※因みに研究では大気圧中の酸素濃度が17%以下、若しくは40%以上の環境で、活性酸素が発生するとの報告もうけております。
似たような酸素カプセルがありますが、何か違いはありますか?
基本的に空気をカプセル内に送り込み圧縮する、高気圧エアチェンバーカプセルと、圧縮した空気と共に濃縮した酸 素を供給する、高濃度・高気圧カプセルに分別されます。よって一概に「酸素カプセル」といっても、カプセルの 加圧方法、素材、酸素濃度、カプセル内気圧、操作性など、違いがあります。 ご利用者のニーズや店舗の形態など、様々なロケーションにより酸素カプセルをお選びいただく事が必要だといえます。
集中力をUPさせたいのですが、酸素カプセルに入ると効果がありますか?
ご利用者の中にはそうおっしゃる方がいらっしゃいます。酸素カプセルをご利用になられる方は、コンピューター 関係、文筆業等、クリエイティブな職種の方もたくさんいらっしゃいます。中には、仕事の能率が上がるからと、酸素カ プセル内にパソコンを持ち込み、お仕事をされる方もいらっしゃいますし、中でゲームをされると、いつもより得点が高くなるという方もいらっしゃいます。
但し、効果が最も期待できるのはリラックスし、ウトウトしてしまう程度がいいかもしれません。
有名なスポーツ選手・著名人で酸素カプセルを利用している方はいますか?
プロ野球界では、NHKのドキュメンタリー番組でも放映していましたが、あのフルイニング連続出場の世界記録を樹立した阪神タイガースの金本知憲選手は個人で酸素カプセルを購入、自宅で自らカプセルに入っています。また、今年の現役で奮闘されたサッカー Jリーグの三浦カズヨシ選手も個人で購入、自宅に設置されています。
その他、多くのプロスポーツ選手が、ケガの回復に、疲労回復、集中力アップによるパフォーマンス UPのために、この酸素カプセ ルを利用し、数多くのマスコミに取り挙げられています。
その他、海外でも多くのプロスポーツチームがクラブで酸素カプセルを所有、国内プロ野球でも、横浜ベイスターズ、 ヤクルトスワローズがクラブハウスに設置、オリックスブルーウェーブは合宿先に設置、また、日本相撲協会でも両国国技館の相撲診療所に設置するなど、数々のスポーツ団体でも、酸素カプセルの効果を認め、選手の方々にご利用しています。芸能人では米倉涼子さん (「女性自身」10月26日号で紹介 )、ビジネス界ではサイバーエージェント の藤田晋社長も個人で購入され、ご自身のブログで酸素カプセルの良さについて紹介しています。
なぜ多くのスポーツ選手が酸素カプセルを利用するのですか?
体内に吸収される酸素量が増え、身体の隅々に行き渡ると持久力、スタミナ、集中力が高まります。また、試合後、 激しい練習の後など、疲労回復 (乳酸の分解 )に効果があります。
また、捻挫・骨折ケガ等、とくに急性のケガをした 場合、患部の細胞が圧迫などで酸素不足に陥るわけですが、酸素が十分に行き渡ることにより細胞が活性化され回復が早まるとされています。
閉所恐怖症気味ですが、大丈夫でしょうか?
酸素カプセルの中は、意外と広く感じられると思います。通常の体型の方でしたら、
楽々寝返りも打てます。 どうしても苦手な方はうつ伏せになると楽だと思います。
ちょっと風邪気味ですが、利用しても大丈夫ですか?
問題ありませんが、発熱されているときはご遠慮ください。
また、ひどく鼻が詰まっているときは耳抜きがうまくできない恐れがあるので、あまりお勧めできません。
基本的には 「体調があまり良くない」と感じた時は、店舗のスタッフに 相談の上、ご利用をお控えください。
飲食直後の酸素カプセルの利用は問題ありませんか?
泥酔しているときのご使用は避けて下さい。但し、通常の飲食後であれば問題ありません。

CONTACTお問い合わせ

ご予約・お問合わせは
お電話 10:00〜21:00(日曜 10:00〜19:30)、
WEBの専用フォーム(24時間受付)、
ライン@(24時間受付)から
受け付けております。
ご予約お待ちしております。

tel052-212-8661受付時間 10:00〜21:00
(日曜 10:00〜19:30)

mailメールで予約する lineラインで予約する

トップへ戻る